顎ニキビが生理前にデキる原因

女性は生理前になると、体の不調を感じる人が多いですが、肌荒れやニキビもそのひとつです。
生理前になると、女性ホルモンの黄体ホルモンの分泌量が増えてくるため、皮脂の分泌量が増えて、毛穴の詰まりの原因になり、顎ニキビが出来やすくなります。
顎は、他の顔の部位に比べると皮膚が薄い部分なので、黄体ホルモンの影響を受けやすくなっています。

 

顎ニキビが生理前にできる原因とは、ホルモンバランスが崩れるとお肌が乾燥しやすくなりますが、お肌を潤すために皮脂分泌が活発になってしまうため、顎ニキビが出来やすくなりますが、生理が終わって数日が経過すると改善することが多いです。

 

生理前の顎ニキビに悩んでいる人は、早寝早起きなどの規則正しい生活を心掛けて、お菓子類や油脂類、肉類などの脂っこい食事は控えるようにしましょう。
生理前は、黄体ホルモンの影響で顎ニキビが出来やすいので、疲労を溜めないように、充分な休息を取る必要があります。

 

生理前の顎ニキビ薬、漢方薬とは

生理前は心身にトラブるが起こりやすい時期です。顎にできるニキビもそのうちの一つです。
顎ニキビは、大人ニキビの代表というほど存在感があり、女性の場合は、生理前の2週間の体の変化が顎ニキビを誘発します。

 

鼻やおでこなどの皮脂の出やすいTゾーンにできるニキビは、思春期ニキビで、大人のニキビは顎やフェイスラインに剃ってできるのが特徴です。

 

これは自律神経が乱れることで起こるホルモンバランスの乱れが原因で、ストレスなどで自律神経が乱れると、男性ホルモンが過剰になり、男性ホルモンの影響が強くあらわれる顎にニキビとして現れてしまいます。

 

また女性の場合、生理前の2週間は、男性ホルモンに似たプロゲステロンがでるため、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
排卵期から生理前の黄体期は、プロゲステロンが分泌され、受精卵と母胎を守るために、水分や脂肪を蓄えようとするため、むくんだり太りやすくなってしまいます。このプロゲステロンが男性ホルモンと同じ用な働きをするため、皮脂が過剰に分泌されいつもとは違う肌になってしまいます。

 

こういった生理前にできる顎ニキビには、顎ニキビ薬や漢方薬が効果的です。
顎ニキビ薬とは、一般用医薬品と医療用医薬品があり、毛穴の中で繁殖してしまったニキビ菌を殺菌し、炎症を抑えてニキビを治療していきます。
ディフェリンゲル、ダラシンTゲル、ベピオゲル、ミノマイシン、アクアチムなどが有名です。

 

低用量ピルなどももちいられますが、副作用が重い物もあるため、
避ける人も少なくありません。

 

生理前顎ニキビでの漢方薬とは、副作用のない自然の薬草の葉や根、鉱物からとった生薬を調合して、体質改善をする薬ですから、体全体を見てトータルに改善するため、根本から治療していきます。

  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 抑肝散(よくかんさん)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
  • 五苓散(ごれいさん)

などが有名です。

 

生理前顎ニキビのスキンケア方法とは

顎ニキビはできてしまうと、治りが悪いイメージがあります。また、繰り返しできてしまうため厄介なニキビといえるでしょう。顎にニキビができやすいのは、思春期の頃よりも大人になってからのほうが多いといわれています。顎は男性ホルモンの作用をうけやすいといわれているため、生活習慣が乱れることで、顎ニキビができやすいと考えられています。
また、生理前顎ニキビの対策としては、ストレスを溜めないことや、脂質の多い食べ物やお菓子類などを極力控えることで顎ニキビをある程度防ぐように心がけましょう。
ストレスを感じてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが過剰になることで、皮脂分泌量が増加してしまい、その皮脂が毛穴に詰まり顎ニキビとなってしまいます。
また、男性よりも女性のほうが比較的顎周辺の毛穴が小さいため、それほど皮脂が分泌しない状態でも毛穴が詰まりやすい傾向もあるので、できるだけ毛穴がつまらないようにするための対策も必要です。

 

毛穴が詰まらないようにするためにスキンケア方法とは、まず洗顔で肌についた汚れや皮脂をきれいに洗い流すことです。ですが、顎周辺に関しては、少し洗いにくく、汚れや皮脂が落としにくいため、洗顔時には、少し丁寧に洗うように心がけてください。
また、洗顔後には、水分を拭き取り、その後化粧品を組み合わせて、水分を補給し、肌にうるおいを与えることも大切です。また、その水分を逃がさないように、保湿クリームなどでしっかりと肌を保護しましょう。